ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを愛する理由【近場でリゾート気分を!】

旅行・ホテル

高級ホテルが続々オープンしているみなとみらいエリアですが、僕はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが大好きで、もう10回以上は宿泊しています。この記事では、僕がヨコハマグランドを気に入っている5つのポイントについてご紹介します。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルについて

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルは、1991年8月20日に開業した横浜を代表する高級ホテルで、インターコンチネンタル ホテルズ グループ日本初進出のホテルです。

昨年に開業30周年を迎えていますが、改装も行われて古さを感じさせません。

過去に投稿した記事

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルについてはこれまで2つの記事を投稿してますので、宿泊およびオーシャンテラスの詳細についてはこちらをご覧ください。

宿泊記(2021年8月)

2021年8月に家族4人で宿泊した際の記事です。クラブルームに宿泊しています。

レストラン「オーシャンテラス」

レストラン「オーシャンテラス」の朝食ビュッフェに関する記事です。

みなとみらいエリアで宿泊したことのあるホテル

これまで、みなとみらいエリアで宿泊したことのあるホテルは以下になります。

  • ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • インターコンチネンタル横浜Pier8
  • ハイアットリージェンシー横浜
  • 横浜ベイコートクラブ
  • 横浜ロイヤルパークホテル
  • 横浜ベイホテル東急

この6つのホテルの中で、私がヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを気に入っている5つのポイントについてご紹介します。

お気に入りポイント

港に面していてリゾート感満点

個人的に一番気に入っているポイントが、港に面したホテルということです。

新型コロナの影響でまだまだ海外旅行や遠出がしにくい昨今、気軽に非日常感を味わえる場所がみなとみらいの港です。ここに来るとちょっとしたリゾート感を味わえてリフレッシュすることができます

他に港に面しているホテルはインターコンチネンタル横浜Pier8と横浜ベイコートクラブがありますが、前者は宿泊料が高く、後者は中心地からちょっと離れているため使い勝手が悪いです。

開放的でゆとりあるシンプルな客室

写真は22年7月に宿泊したプレミアムハーバービュールームです。改装済みの客室は広々としたシンプルな客室です。

デスクも広いのでワーケーションにもおすすめです。

なおヨコハマグランドには外資系ホテルには珍しい和室スイートがありますので、子連れや親戚同士での宿泊にも最適です。

ハーバービューの客室からは横浜港が一望できます(夜はけっこう真っ暗です)。

シティビューの客室からは遊園地、ショッピングモールなどみなとみらいの夜景が一望できます。港側、街側どちらもすばらしい景色のため、その時々の気分に応じて選択しています。

美味しい朝食ビュッフェ

ビュッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」では、みなとみらいの海を一望できる店内でスタンダードな朝食ビュッフェをいただくことができます。和食メニューも充実しています。

朝食ビュッフェの詳細は以下の記事に書いていますので、ぜひご覧ください。

遊園地、ショッピングモール、映画館が徒歩圏内

立地が最高なこともこのホテルのお気に入りポイントです。みなとみらい駅があるクイーンズスクエア横浜からほぼ直結でホテルにアクセスすることができます。

徒歩圏内には、遊園地「よこはまコスモワールド」や横浜赤レンガ倉庫、映画館もある横浜ワールドポーターズなどがあり、遊びに困ることはありません。子連れ家族でもカップルでもおひとり様でも楽しむことができます。

私は先日一人で泊まる機会があったのですが、その時は夜に一人で映画館に行って、のんびり過ごしました。

安い

港に面していて商業施設へアクセスしやすいホテルは、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルとインターコンチネンタル横浜Pier8の2つに絞られるのですが、ヨコハマグランドの方が圧倒的に安いので、気軽に泊まれるのはヨコハマグランドです。

上図はある週末の宿泊料金ですが、Pier8はヨコハマグランドの倍近い価格です。Pier8はもちろん素晴らしいホテルなのですが、それなりの価格がしますので、何か特別な日に泊まりたいホテルです。

まとめ

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルは子連れ家族やカップル、おひとり様でも快適なステイができるホテルです。

高級ホテルが続々オープンしているみなとみらいエリアですが、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの存在価値はまだまだ高く、僕もこれからも定期的に宿泊したいと思っています。

 

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    オンオフ使えるバックパックの完成形!Aer Day Pack 2 レビュー【これ一つでOK】

  2. 2

    レゴランドホテル – 子連れ宿泊記(2022年5月)

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    ホテルインディゴ箱根強羅 – 子連れ宿泊記(2022年2月)

  5. 5

    ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 – 子連れ宿泊記(2021年12月)

最近の記事

  1. ザ・リッツ・カールトン日光 – 子連れ宿泊記(2022年8月)

  2. ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  3. 買う前に借りる!「GOOPASS」でカメラとレンズを借りてみた【カメラのサブスク】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. ほぼ日手帳 2023 weeks購入!オーロラ当番/英語版【ほぼ日歴6年】

  6. フェアフィールド・バイ・マリオットが隣接する道の駅「うつのみや ろまんちっく村」

TOP