年会費以上の価値あり!インターコンチネンタルアンバサダーの特典と入会方法【10年ぶりに再入会】

旅行・ホテル

先日、約10年ぶりにインターコンチネンタルのアンバサダープログラムに再入会しましたので、アンバサダー会員特典と入会方法についてご紹介します。

年会費200USドルかかりますが、魅力的な特典が多くて年会費以上の価値は十分にありますので、旅行、ホテル、IHG好きな方は要チェックです。

インターコンチネンタル アンバサダーについて

インターコンチネンタル アンバサダーとはIHG(InterContinental Hotels Group)の有料会員資格です。

年会費200USドルを支払えば誰でも会員資格を手に入れることができて、グレードの高い会員資格の獲得と、世界各地の提携ホテルで様々なサービスや特典を受けることができます(入会方法については後述)。

マリオット、ハイアット、ヒルトン系列のホテルでも提携のクレジットカードを作ることによって上級会員資格を手に入れることができますが、クレジットカードを作らずに年会費を支払うだけで上級会員資格を手に入れることができるのはIHGくらいです。

インターコンチネンタル アンバサダー特典

インターコンチネンタル アンバサダープログラムに入会すると、以下の特典を受けることができます。

  • IHGリワーズクラブのプラチナエリートステータス獲得
  • ワンランク上の客室へのアップグレード保証
  • 無料プレミアムインターネット
  • 滞在毎に20USドルまでのレストラン&バー クレジット
  • ミネラルウォーターの無料サービス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証
  • ウィークエンド無料宿泊
  • 朝食無料 ※中国本土でのみ有効

以降では、特に魅力的な5つの特典をピックアップして詳しくご紹介します。

なお、特典内容はインターコンチネンタルアンバサダー会員規約を基に書いていますので、規約全文を確認したい方は以下リンクからご確認ください。
インターコンチネンタルアンバサダー会員規約全文

IHGリワーズクラブ プラチナエリート獲得

インターコンチネンタル アンバサダー会員になると、IHGリワーズクラブのプラチナエリートステータスも同時に手に入れることができます。

IHGリワーズクラブの会員ステータスは、低い順にクラブ、ゴールドエリート、プラチナエリート、スパイアエリートとなっていて、プラチナエリートは2番目に高い会員ステータスになります。普通にプラチナエリートステータスを手に入れようとすると、対象となる宿泊 (1暦年):40泊、もしくはエリート資格対象ポイント:40,000を貯める必要があり、かなりハードルが高いです。

プラチナエリートは獲得ハードルが高いだけあって、レイトチェックアウト、客室アップグレードなど様々な特典があります。IHGリワーズクラブの各会員ステータスの特典は、公式サイトに比較表で見やすくまとまっていますのでそちらをご覧ください。
IHG®リワーズクラブ会員特典|IHG® HOTELS & RESORTS

客室アップグレード保証

インターコンチネンタル上海浦東(2011年 撮影)

1カテゴリー上の客室への無料アップグレードが保証されます。

写真は過去にアンバサダー会員だった時にインターコンチネンタル上海浦東に宿泊して、スイートルームにアップグレードしていただいた時の写真です。

なお、アンバサダー会員は客室のアップグレードが「保証」されているため、万が一アップグレードを受けれない場合は「補償」を受けることができます。会員規約によると、客室アップグレード保証を受けれない場合は、補償として以下のように定められています。

レストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額、または、IHG®リワーズ ポイント10,000ポイントのいずれか(1回の滞在につき1回のみ提供)無料宿泊特典/無料宿泊は適用

リフレッシュサービス

インターコンチネンタル バンコク(2016年 撮影)

1回の滞在につき最大20USドル相当額のレストラン&バーの飲食クレジットが贈呈されます。

「最大20USドル相当額」ということで各国の通貨によって額が異なるのですが、アメリカの場合は20USドル、日本の場合は2,000円になります。朝食代の補填やバーなどで一杯飲むのにちょうど良いかもしれません。

なお、「1回の滞在につき」ですので、1回の滞在で2、3泊しても贈呈されるクレジットは2000円になります。また。飲食クレジットはホテル内のレストラン、バー、ミニバーで有効で、ルームサービスは適用外になりますのでご注意ください。

レイトチェックアウト保証

インターコンチネンタル バリ リゾート(2014年 撮影)

出発日の午後4時までのレイトチェックアウトが保証されます。

個人的にレイトチェックアウトはとても嬉しい特典で、ホテルのチェックアウトは正午ごろが多いですが、朝食ビュッフェを食べて一休みしているとあっという間にチェックアウト時間が来てしまい、けっこう慌ただしいです(特に子連れだと)。チェックアウト時間が午後4時であればゆっくりできますし、昼食を食べてさらに一休みすることもできます。

また、海外旅行などで帰国のフライトを夕方や夜発にしている方も多いと思いますが、チェックアウトが正午ごろだと、「少し時間を持て余してしまう」なんてことないでしょうか?私はよくあるのですが、そんな時もチェックアウトが午後4時であれば、フライトギリギリまで客室内で過ごすことができます。

なお、前述した客室アップグレードと同じくレイトチェックアウトが「保証」されていますので、万が一空室状況などによりレイトチェック不可の場合は、補償を受けることができます。会員規約によると、レイトチェックアウト保証の特典を受けれない場合は、補償として以下のように定められています。

レストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額、または、IHG®リワーズ ポイント10,000ポイントのいずれか(1回の滞在につき1回のみ提供) 

ウィークエンド無料宿泊

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

週末を含む2連泊以上の滞在で2泊目が無料になります(年1回限り有効)。

年1泊無料になるので、金額的な価値を考えるとこの特典が一番高価な特典であり、上手く使えばウィークエンド無料宿泊だけで年会費の元が取れてしまいます。

以下、ウィークエンド無料宿泊の補足事項になります。

  • 週末に該当するのは、金曜日、土曜日、日曜日
  • 「アンバサダー ウィークエンド無料宿泊」レートで料金を支払う必要あり

注意したいのが、ウィークエンド無料宿泊の利用にあたっては「アンバサダー ウィークエンド無料宿泊」レートで料金を支払うことが条件となっていて、このレートは基本的にベストレートより割高です。ですので単純に「2泊目が無料」とは考えない方が良いのですが、それでもお得なことには間違いありません(この点については後日詳細記事を書きます)。

実体験として、先日ウィークエンド無料宿泊を使ってヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの和室スイートを予約したのですが、2泊で¥50,000でした。一方ベストレートは2泊で約¥83,000でしたのでやはり単純に半額にはなりませんが、差額¥33,000でこれだけで年会費の元を取ることができました。

インターコンチネンタル アンバサダー入会方法

公式サイトより

インターコンチネンタル アンバサダーへの入会はオンラインで行うことができます。

入会登録直後から会員特典を利用することができますので、宿泊計画を立てる直前に入会登録しても大丈夫です。
インターコンチネンタル アンバサダーへのご入会

最後に

インターコンチネンタル バリ リゾート(2014年 撮影)

最後に、魅力的なインターコンチネンタルアンバサダーの会員特典を再掲します。

  • IHGリワーズクラブのプラチナエリートステータス獲得
  • ワンランク上の客室へのアップグレード保証
  • 滞在毎に20USドルまでのレストラン&バー クレジット
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証
  • ウィークエンド無料宿泊(これだけで年会費の元は取れる!

ウィークエンド無料宿泊だけで年会費の元が取れる上に、客室アップグレードとレイトチェックアウトの保証があるのはかなり嬉しいです。

コロナ禍で海外旅行が難しい昨今ですが、日本国内でも魅力的なIHG系列ホテルが数多くありますので、週末連泊してステイケーションしてみるのはいかがでしょうか。非日常空間で贅沢な時間を過ごすことができると思います。

インターコンチネンタル アンバサダーについて気になる方は公式サイトで詳細確認してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

KEN

KEN

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。4歳娘、1歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KEN

KEN

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。4歳娘、1歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    コスパ最高!ハイアットリージェンシー横浜(ハーバーキッチン)ランチビュッフェ

  2. 2

    子供大喜び!「おうちではま寿司手巻きセット」を注文してみました【ホームパーティにおすすめ】

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    横浜ベイコート倶楽部 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  5. 5

    普段使いに最適!マンハッタンポーテージのカメラバッグ(Manhattan Portage Gracie Camera Bag MP1545)

最近の記事

  1. 大画面化でさらに読みやすく!Kindle Paperwhite(第11世代)購入レビュー

  2. 驚くほど手ブレしないカメラ! DJI Pocket 2 レビュー【動き回る子どもの動画撮影におすすめ】

  3. 継続が大事!月間5,000PVを達成して思うこと【収益も公開】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. まんぷく大満足!グランドプリンスホテル新高輪(ザクロ)ランチビュッフェ【Newスタイル】

  6. Vlog機の完成!アクセサリーシューがないコンデジに外部マイクを取り付けるパーツ【ulanzi PT-3 シューマウント レビュー】

TOP