普段使いから出張まで対応の万能3WAY!グレゴリー カバートエクステンデッドミッション【収納例付きレビュー】

ライフ

グレゴリーのカバートエクステンデッドミッションを購入したのでレビューします。

バックパックでも手持ちでも使いやすい良く考えられた3WAYバッグで、22Lの絶妙なサイズ感は普段使いから1泊程度の出張まで対応可能です。

カバートエクステンデッドミッション

カバートエクステンデッドミッションは、グレゴリーのビジネスバックシリーズ「カバートクラシックシリーズ」のバッグの一つです。

バッグの生地には「330D コーデュラ・ナイロン」が使用されていてカジュアルな印象なため、ビジネスはもちろん普段使いも合いそうな雰囲気です。

ジッパー部分にはレザータブが付いていて、開け閉めしやすくなっています(写真のように1箇所に集まるとちょっと暑苦しい感じですが…)。

以降では、カバートエクステンデッドミッションの特徴についてご紹介します。

3WAYスタイル

特徴として紹介するまでもないですが、あえて紹介させてください。

まずは手持ちです。とてもシンプルなデザインなので、スーツで客先に行く際もバッチリです。

背面はこのような感じで、バックパックにもなるとは思えないほどスッキリとしています。

キャリーバッグ(スーツケース)に装着可能な仕様です。

お次はバックパックスタイルです。僕自身、客先に行く以外はバックパックで使うことが多いです。

縦にしてもカッコイイなと感じる不思議なデザインです(笑)

背面はこのような感じです。

ショルダーストラップは手持ちスタイル時にご紹介した通り、完全に収納することができます。

バックパックにした際の上部には持ち手がついています。

電車などでさっと手で持つ時やトイレやデスクのフックに引っ掛ける際に重宝します。

肩がけスタイルはしないので、ショルダーストラップも未使用状態です。

ちなみに写真左はバックパックスタイル時に使うチェストストラップですが、こちらも使わないため外しています。

容量22Lが絶妙

カバートエクステンデッドミッションの容量は22Lなのですが、これが絶妙なサイズ感です。

小さすぎると荷物が多い時に使えないですし、大きすぎると普段使いにはイマイチですが、このバッグはその間に位置していて、普段使いはもちろん1泊2日の出張にも対応できます。

バックパック的に22Lは決して大きい容量ではないので(むしろ小さい)、アウトドア感なくスマートに背負うことができます。

レザーの持ち手が素晴らしい

個人的にこのバッグに限らず「カバートクラシックシリーズ」で気に入っているところがこの持ち手です。

革製で肉厚なこの手持ちの握り心地が素晴らしく、重い荷物を持っても重さが軽減されます。

ポケットが多く機能的で使いやすい

後述の収納例で詳しく紹介しますが、このバッグは収納ポケットが豊富でモノが迷子になりません。

収納例

収納例として、僕が普段持ち歩いているこれらのモノを収納します。

仕事柄、PCとiPadは必ず持ち歩いており、全て収納するとそれなりに重くなります。

フロントポケット

大きなフロントポケットが左右に2つ付いています。

バックパックにした時に上部に位置するこちらのポケットには、ペン、手帳、名刺入れ、財布等を収納しています。

バックパック時を考慮して、ポケットが横向きに配置されていますが、僕はバックパックとして使う機会が多いので、この仕様はありがたいです。なお、手持ちで横向きに持った時もストレスなくモノの出し入れができます。

もう一方のポケットにも中に仕切りが一つありますが、こちらは縦向きに配置されています。

こちらのポケットには、本、社員証、モバイルバッテリーなどを収納しています。

PC専用コンパートメント

バッグ正面から見て一番奧は、PC専用の収納部になっています。

この収納部だけ、雨などの侵入を防ぐために止水ジッパーが採用されています。

タブレット用の収納スペースもあります。もちろんクッション付きです。

仕事柄、タブレットの持ち運びが必須なので、タブレット用の収納スペースがあるのは非常に嬉しいです(というかバッグ選びでの必須ポイントです!)。

メインコンパートメント

最後にメインコンパートメントです。このようガバッと開くことができるので、モノの出し入れが非常に楽です。

こちらの収納ポケットには、ガジェットポーチと折り畳み傘や携帯歯ブラシを入れています。基本的にメインコンパートメントにはこれら以外のモノは入れていません。

なお、ポケットに収納することで、バックパックとして使う際に収納物がバッグの中で行方不明になることがありません。

宿泊を伴う出張時は、替えの衣類などをメインコンパートメントに収納します。

無印良品の衣類ケースがすっぽり収まる収納力なので、出張時も大活躍です。

衣類ケースも入れた状態での膨らみ具合です。パンパンな様子もなくまだまだ収納できそうです。

他社の3WAYバッグと比較して

ブリーフィング

以前ご紹介した「BRIEFING A4 3WAY LINER MW」も所持していますが、このバッグと比べてカバートエクステンデッドミッション良いところは以下です。

  • 収納ポケットの配置が実用的で使いやすい
  • PC収納とタブレット収納が同じコンパートメントにある
  • ショルダーストラップが綺麗に収納できる

ブリーフィングのバッグもかっこよくて好きなのですが、使い勝手がどうも良くないんですよね。あとこれは愚痴ですが、ブリーフィング最近値上げし過ぎです。

TUMI

1年ほど前まで、TUMIの「スリム・スリーウェイ・ブリーフ」も所持していましたが、このバッグと比べてカバートエクステンデッドミッション良いところは以下です。

  • カジュアルな服装にも合う
  • スリム・スリーウェイ・ブリーフはスリム過ぎた…

TUMIのバッグはスーツ&ネクタイなどのビシッとした服装に合うイメージですが、僕は普段Tシャツ&ジャケットスタイルなので、TUMIのバッグはどうも服装に合わず、またスリム過ぎて全然ものが入らなかったのでリリースしてしまいました。

最後に

結論、グレゴリーのカバートエクステンデッドミッションは、どんなシーン・どんな服装にも合い、収納力も抜群な万能3WAYバッグです。ビジネス用のバッグはこれ一つ持っておけば間違いないです。

なんて言っておきながら、僕はほぼ在宅勤務で、このバッグを使う機会は月に2〜3回程度しかないのですが、これから大事に使っていきたいと思います。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  4. 4

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  5. 5

    ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP