超軽量・コンパクトなモバイルバッテリー!Anker PowerCore III 5000【スマホ充電ならこれで十分】

ライフ

超軽量・コンパクトなアンカーのモバイルバッテリー「Anker PowerCore III 5000」を購入しましたので紹介します。

USB-C/USB-Aポートが使えて、スマホ1回以上充電できる容量5000mAhのモバイルバッテリーは普段の持ち運びに最適です。

Anker PowerCore III 5000

まずは製品の外観と仕様についてご紹介します。

外観

パッケージの外観です。パッケージからも分かる通り「超コンパクト」をアピールしたモバイルバッテリーです。

最近のアンカー製品はこのようにパカっと開くパッケージになっています。なんとなく高級感がありますね。

モバイルバッテリーの他に、USB-A & USB-Cケーブル (約0.6 m)と取扱説明書が同梱されています。

表面の素材はマットな質感で触り心地が良いです。

USB-CとUSB-Aのポートが一つずつ搭載されています。

4つのランプで充電残量が分かります。上の写真だと2つのランプが点灯しているので、半分程度の充電残ということになります。

仕様

サイズ 103 × 63 × 14 mm
重さ 113g
入力 5V=2A(10W)
出力 USB-Cポート:5V=2.4A (12W)
USB-Aポート:5V=2.4A (12W)
合計最大出力 5V=2.4A(12W)
容量 5000 mAh
対応製品 スマートフォン
タブレット
イヤホン、スマートウォッチ等
価格 ¥2,980

最大出力はUSB-C、USB-Aともに12Wで、両方から充電した場合も合計で最大出力12Wとなります。最大出力12Wですので、スマホ、タブレットや小型でウェアラブル端末向けのモバイルバッテリーと言えます。

容量は5000mAhで、一般的なスマホであれば1回以上充電できます(参考までに私が使っているiPhone11のバッテリー容量は3,110mAhですので、数値上は1.5回充電できる計算になります)。

製品の詳細はAnker公式サイトにてご確認ください。
Anker PowerCore III 5000|Anker公式サイト

大きさ比較

超コンパクトが売りのモバイルバッテリーですので、普段持ち歩いているものと比較してみました。

iPhone11

私が普段使っているiPhone11と比較してみました。iPhoneの方が圧倒的に大きいですね。

重ねて置いてみました。モバイルバッテリーの小ささがお分かりいただけますでしょうか。

厚みはiPhoneの方が薄いですね。ただし、重量はiPhone:194gに対してモバイルバッテリー:113gですので超軽量です。

Anker PowerCore Fusion III 5000

私がもう一つ持っているモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion III 5000」と比較してみました。PowerCore Fusion IIIの方がやや高さがありますが、それ以外はあまり変わらないように見えます。

しかし、薄さはこの通り。PowerCore Fusion IIIの半分以下の薄さです。

モバイルバッテリーとUSB急速充電器を兼ね備えているPowerCore Fusion IIIは、泊まりを伴う外出時などに重宝しますが、普段持ち歩くにはちょっとだけ大きさを感じるので、日帰りの外出であればAnker PowerCore III 5000が最適かもしれません。

クレジットカード

さすがにクレジットカードよりは大きいですが、それでも十分コンパクトです。

注意!PD非対応

超軽量・コンパクト、スマホ1回分以上のバッテリー容量と良いこと尽くしのモバイルバッテリーですが、一つマイナス点をあげると、PD非対応ということです。PDとはPower Deliveryの略で、最大100Wまでの電力供給が可能なUSB Type-Cの給電規格です。

そのため、PD対応が必要な製品(例えば私が所有しているMacBook AirやCanon EOS-RPなど)は充電することができませんので注意が必要です。

まとめ

超軽量・コンパクトなモバイルバッテリー!Anker PowerCore III 5000【スマホ充電ならこれで十分】

個人的にはモバイルバッテリーは5000mAh(スマホ1回以上)あれば十分だと思っています。モバイルバッテリー使用歴は10年近くになりますが、それ以上のバッテリー容量を必要とする場面に遭遇したことがないからです。

宿泊を伴う外出の場合はAnker PowerCore Fusion III 5000が便利ですが、日帰り外出であれば今回ご紹介した超軽量・コンパクトなAnker PowerCore III 5000がベストな選択かなと思います(ただしPD非対応です!)。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  4. 4

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  5. 5

    普段使いから出張まで対応の万能3WAY!グレゴリー カバートエクステンデッドミッション【収納例付きレビュー】

最近の記事

  1. ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜 – 子連れ宿泊記(2024年6月)

  2. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  3. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  6. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

TOP