夏季限定!ルタオの新作スイーツ「マングーエスティバル」をお取り寄せ【レビュー】

グルメ

ドゥーブルフロマージュで有名な小樽洋菓子舗ルタオから、夏季限定の新作スイーツ「マングーエスティバル」が登場したので、さっそく注文して食べてみました。

天面にごろごろとのっているマンゴーとパッションフルーツソースは目にも鮮やかで、ケーキの中のマンゴーオレンジムース、ココナッツプリンと一緒に食べると、絶妙な味わいを楽しむことができます。

マングーエスティバル

「マングーエスティバル」は北海道の小樽洋菓子舗ルタオ が販売しているこの夏限定の新作スイーツです。

ルタオといえばチーズケーキの常識を超えたとも言われるドゥーブルフロマージュが有名ですが、新作スイーツも積極的に作られていて、どれも期待を裏切らない味です。

今回購入したマングーエスティバルは、夏の代表フルーツの一つであるマンゴーをふんだんに使ったケーキです。

商品名 マングーエスティバル
価格 2,592円
内容量 直径12cm
賞味期限 解凍後24時間
保存方法 冷凍保存、解凍後は冷蔵保存
アレルギー 小麦、卵、乳成分、オレンジ、ゼラチン

開封・実食

それでは、開封して実食していきます。

ドゥーブルフロマージュのあの特徴的な外箱とは違い、このような四角い紙箱に入っています。

外箱を開けるとケーキの登場です。この色鮮やかさにテンションがあります!

冷蔵庫で2時間くらい解凍した状態です。私は半解凍で食べるのが好きなので、天面のソースもやや凍っています。

我が家では半分を半解凍で食べて、残り半分を全解凍して食べることが多いです。

天面に乗っているマンゴーの数を数えてみましたが、ルタオのホームページに載っているケーキと同じで9個でした。

半解凍状態なのでカットする時に若干力が入りますが、すっと切れました。

我が家では4〜6等分に切ることが多いので、9個のマンゴーをどうやって切り分けようかちょっと悩みました(結局ケーキに対して等分に切り分けました)。

ケーキの中の白いところはココナッツプリンで、その周りのクリーム色のところはマンゴーオレンジムースです。

上に乗っているマンゴーとソースの味が比較的強いのに対してプリンとムースは甘さ控えめですので、これら全てを口に入れれば絶妙な味わいが口の中いっぱいに広がります。

まとめ

夏季限定の新作スイーツ「マングーエスティバル」は、マンゴーがふんだんに使われていて夏らしい華やかな味を楽しむことができます。

コロナの影響で今年の夏も外出や遠出の旅行を控えている方も多いと思いますが、美味しいケーキをお取り寄せして、おうちで家族みんなで食べるのもきっと楽しい時間になると思います。

\ Check it ! /
ルタオ公式サイト

 

ぱぱさら

ぱぱさら

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぱぱさら

ぱぱさら

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    普段使いから出張まで対応の万能3WAY!グレゴリー カバートエクステンデッドミッション【収納例付きレビュー】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  4. 4

    ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

  5. 5

    子供大喜び!「おうちではま寿司手巻きセット」を注文してみました【ホームパーティにおすすめ】

最近の記事

  1. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

  2. ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  3. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル – 子連れ宿泊記(2023年12月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. ほぼ日手帳 2024 weeks購入!ペーパーシリーズ/ブラックギンガム【ほぼ日歴7年】

  6. ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【後編:朝食ビュッフェ】

TOP