エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

旅行・ホテル

2023年4月、家族4人(私、妻、娘5歳、息子2歳)でエクシブ箱根離宮に宿泊した時の宿泊記です。

こちらのホテルはこれまでに何度も宿泊していますが、今回初めて貸切露天風呂を利用しました。想像以上の快適空間で、小さなお子様連れにはおすすめのサービスです。

なお、写真が多いため前後編に分けて宿泊記を書きます。前編客室と貸切露天風呂について、後編ではレストランと食事についてご紹介します。

エクシブ箱根離宮について

エクシブは、リゾートトラストが管理・販売を担うリゾートホテルで、オーナーである会員およびその紹介者のみが利用できる会員制のホテルです。

エクシブ箱根離宮は、2010年3月22日に箱根の「宮ノ下」に開業した温泉付きのリゾートホテルです。

エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記① 〜部屋・貸切露天風呂編〜(2023年4月)

エントランスを通り抜けると、大きな木製のオブジェクトがお出迎えしてくれます。

天井が高くて開放的なロビーエリアです。

大きな窓からは明星ヶ岳の雄大な景色を眺めることができます。気のせいか、我が家が宿泊するときは雨の日が多いので、今回晴れていたのは珍しかったです。

アクセス

今回我が家は車でホテルに向かいましたが、箱根口ICから15〜20分ほどです。ホテル内の駐車場は地下にあり、駐車料金は無料です。

電車の場合は、箱根湯本駅から路線バスで20分、小田原駅から路線バスで30分。最寄りのバス停「宮ノ下温泉」から徒歩1分です。

アクセス|エクシブ箱根離宮

客室

今回我が家は、和洋ルームに宿泊しました。こちらのベッドルーム以外に畳部屋が付いた子連れ家族におすすめの客室です。

ベッドはハリウッドツインタイプになっていて、小さなお子様と寝ても落ちる心配が少ないです。

リビングスペースには大きなソファ、一人がけチェア、ソファーテーブルがあります。

TVにはNetflixやYouTubeがすでにインストールされているので、アカウントを持っていればTVで視聴することができます。

ベッド側から見た客室、左奥にあるのが畳部屋です。

畳部屋はこのようにドアを閉めることで、独立した部屋として使うこともできます。

畳部屋には椅子x2、テーブルx1があります。

布団もあるので、この部屋で寝ることもできます。妻が一人でここで寝ていました(笑)

バルコニーからは箱根の山々を眺めることができます。

クローゼットです。クローゼットの下にはセーフティボックスも備わっています。

お茶と茶菓子です。

無料のペッドボトルウォーターが3つ置いてありました。

冷蔵庫の中のドリンクは有料です。

ナイトウェアもありますが浴衣ではなく、これを着て客室外には出れないのでご注意ください。

洗面台も十分な広さがあります。

アメニティ類も豊富です。

大浴場があるので客室のお風呂を使うことはあまりないかもしれませんが、十分すぎるほどの広さがあります。

普通のビジネスホテルでこれだけの広さのお風呂があれば最高すぎる…。

貸切露天風呂

エクシブ箱根離宮には温泉大浴場がありますが、別に貸切露天風呂(PRIVATE SPA)もあります。

1室1時間 3,850円(税込)と安くはないですが、家族皆や異性の子供と露天風呂に入れる機会は滅多にないので、とてもありがたいサービスです。

貸切露天風呂にはこちらの専用エレベータを使って向かいます。

エレベータで移動後、長い廊下を進むと、

貸切露天風呂の部屋に到着しました。

中に入ると想像以上に広く、そこらの高級ホテルの客室よりも全然広かったです。クールダウン用にリクライニングチェアが2つあります。

温められたタオルがこんなにもたくさんあります。

こちらがメインの貸切露天風呂です。右下の注意にもある通り、床が滑りやすかったので小さいお子様は注意してください。

露天風呂の広さは家族4人には十分な広さでした!6人くらいは余裕で入れます。

温泉の温度は42度で熱すぎず、長風呂するにはちょうど良かったです。

洗面台も客室よりも広いのではと思うくらい広かったです。

バスローブもありました。

冷蔵庫の中には無料の水が入っています。

水以外のペッドボトルは有料です。

トイレもバリアフリー仕様で、とても広かったです。

1時間という時間はけっこう長いかなと思っていたのですが、子供たちと露天風呂に入って髪・身体を洗って出たらもう30-40分経っていて、全然ゆっくりすることができませんでした(笑)

後編に続く

前編は以上になります。客室、貸切露天風呂ともに十分な広さと快適性があり、さすが会員制ホテル!といった感じです。

後編ではホテル滞在時の食事についてご紹介しますので、引き続きご覧ください。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  3. 3

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  4. 4

    普段使いから出張まで対応の万能3WAY!グレゴリー カバートエクステンデッドミッション【収納例付きレビュー】

  5. 5

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP