子連れも楽しめる美術館!「箱根 彫刻の森美術館」【遊びながらアートに触れよう】

旅行・ホテル

先日、家族で箱根に温泉旅行した際、箱根 彫刻の森美術館に行ってきました。

美術館というと静かな空間で、子供を連れて行くと周りに迷惑になりそうな気がしてしまいますが、こちらの美術館は野外の展示がメインということもあり、子連れでも十分楽しむことができました。

むしろ、子供向けの体験型アート作品やプレイスポットなどもあり、子連れ家族におすすめの観光スポットです!

箱根 彫刻の森美術館について

箱根 彫刻の森美術館は1969年に開館した神奈川県足柄下郡箱根町にある美術館です。野外彫刻がメインの美術館で、約7万平方メートルの広大な敷地内に彫刻作品が展示されています。

アクセスは、箱根登山鉄道「彫刻の森駅」から徒歩2分、または箱根湯本駅から路線バス「ニの平入口バス停」から徒歩6分です。もちろん駐車場(平置き)も完備しており、我が家が今回宿泊していたエクシブ箱根離宮からは車で約6分ほどでした。

アクセス詳細や入館料については公式HPにてご確認ください。

箱根 彫刻の森美術館 公式HP

野外がメインですが、屋内にも展示されています。

綺麗に整備された芝生に数々の彫刻作品が展示されています。

我が家が行った4月下旬は野外を散策するのにちょうどいい季節だったため、快適に見て回ることができました。(真夏だと暑くて大変かもしれません)

子連れにおすすめなポイント

それでは、僕が彫刻の森美術館に行って感じた、子連れにおすすめなポイントを3つご紹介します。
※家族4人(自分、妻、5歳娘、2歳息子)で行きました

遊びながらアートに触れることができる

彫刻の森美術館には子供向けのアート作品がいくつもあります。

こちらはその名も「めだまやきのオブジェ」。ベンチになっているのでオブジェの上に座ったりできますが、この日は雨で濡れていたため残念ながら座れず。

ただ、子供たちは「でっかい目玉焼きだー!」と大はしゃぎでした(笑)

こちらは「星の庭」です。中が迷路になっているのですが、結構高さがあるので、自分がどこにいるのか分からなくなりけっこう難しいかったです。

なお、この日は雨ということもあり地面がかなり滑りやすく、2歳息子が滑って転んでしまいました。お子様連れの方は注意してください。

なんだか見た目がすごいこちらは「ネットの森」といいます。

中に入ると、なんともインパクトのあるカラフルなネットの遊具がありました。

ネットの中には子供しか入れないので、大人は外で見守ります。

うちの子供たちはネットの森に大ハマりで、30分くらい遊んでいました。

期間限定で「しつもんパーク」という展覧会も開催していました(開催期間:2023年4月28日(金) 〜 2024年3月31日(日))。

「しつもんブック100」という、家族や友人、みんなに聞いてみたい100の質問が書かれた本も販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

アートホールの中には子供たちが遊べる遊具が置いてあり、子供たちはここでも15ー20分くらい遊んでいました。

もちろん普通の作品も子供たちにとっては新鮮で、作品を見つけると指をさして「見て見て!変な形のものがあるー!」などと言って興味津々でした。

ランチはビュッフェ形式で好きなものを好きなだけ

美術館に行ったのがホテルチェックアウト後でちょうどお昼だったので、レストラン「ベラフォレスト」でビュッフェ料理をいただきました。

料金は、大人 (中学生〜) 2,200円、小学生 1,650円、幼児 (3歳〜) 770円です。

彫刻の森レストラン」というビュッフェ形式ではないレストランもあり、どちらにしようか迷いましたが、単品料理の値段がビュッフェとあまり変わらなかったのと我が家がビュッフェ好きということもあり、ベラフォレストにしました。

明るくて開放的な店内です。

アルコール消毒とビニール手袋を着けて、いざ料理を取りに行きます!

サラダ類です。特別種類が豊富なわけではないですが、これくらいあれば十分かなと思います。

ハンバーグ、串揚げ、ドリア、シュウマイなど子供が好きな料理ばかりです。

フライドポテト、フライドチキンもありました。

自分でラーメンとそばを作れるコーナーもありました。子供はこういうの大好きですよね(大人の僕も好きですが)。

デザートコーナーです。コーヒーゼリー、杏仁豆腐などがありました。

お皿に盛り付けるとこんな感じで、色鮮やかで美味しそうです。肝心の味はというと、普通に美味しかったです。

子連れのお出かけでこのような施設に求めているのは、絶品料理ではなく使い勝手の良さや値段なので、こちらのレストランは十分に合格点です。

そばにとろろと天ぷらを乗せていただきました。

5歳の娘が取った料理がこちらです。ラーメンが気に入ったようでおかわりしていました。

食後のデザートとして杏仁豆腐2種をいただきました。

なお、レストランからの眺めが最高で、天気が良ければ箱根の山々を見ることができます。

ミュージアムショップが充実

ミュージアムショップが充実していたので、美術館を回った後はぜひ立ち寄ってみてください。

彫刻の森美術館の限定グッズから、おしゃれなデザイングッズなどが並んでいます。普通のおもちゃ屋には売っていないようなグッズも数多くあり、子供たちも物珍しそうに見ていました。

美術館系のガシャポンがいくつかあったので、僕は限定缶バッヂのガシャポンをやってみました。

よく分からない柄ですが、まぁ記念にちょうど良いです(笑)

最後に

今回初めて彫刻の森美術館に行きましたが、子連れでも楽しめるとても魅力的な美術館でした。

お昼含めて約3時間の滞在でしたが、途中で雨が強くなり、全てを見て回ることができなかったため、次回はぜひ今回見れなかったエリアにも行ってみたいと思います。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  4. 4

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  5. 5

    ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP