ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

旅行・ホテル

2023年8月、家族4人(私、妻、娘6歳、息子3歳)でウェスティンホテル横浜に宿泊した時の宿泊記です。

今回はクラブルームに宿泊しましたが、12歳未満の子供はクラブラウンジの利用が全時間帯不可と子連れには向いていないのかなと少し不安でしたが、ラウンジ利用の代替サービスがあり、また子連れ客も多かったので、子連れでも安心して利用できるホテルでした!

YouTubeにショート動画としても簡単にまとめているので、こちらもぜひご覧ください。

ホテルについて

ウェスティンホテル横浜は2022年6月13日に開業した、神奈川県のみなとみらいにある国内6軒目のウェスティンブランドのホテルです。

ウェスティンは、マリオット・インターナショナルのグローバル・トラベル・プログラムであるMarriott Bonvoyに参加しています。

みなとみらいエリアにはMarriott Bonvoyに参加しているホテルがなかったため(横浜駅に隣接して「横浜ベイシェラトン」がありますが)、Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員の僕としては非常に嬉しいです。

ロビーは23階のため、チェックインの際はまず23階までエレベーターで上がる必要があります。

首都圏には昔からウェスティン東京がありますが、重厚感のあるウェスティン東京都は異なりモダンでスタイリッシュな感じです。

アクセス

電車の場合は、みなとみらい線みなとみらい駅出口1から徒歩で約6分です。

車の場合は、首都高速みなとみらいICから約2分です。

なお、駐車場はホテル正面ではなく裏側から入る必要があるので、写真の案内板の通り、ホテル正面を通り過ぎて次の信号を左折して裏側から入ります。

ホテル裏側の様子です。駐車場自体は「タイムズみなとみらい第6」になりますので、カーナビの目的地はこちらに設定しておくことをおすすめします。

なお、駐車料金は3,000円/泊になります。

客室(クラブ ダブル)

今回、クラブルーム(ダブル2台)の客室を予約しました。

大人2人、子供2人での宿泊で、キングベッド1台では狭くて寝られないため、我が家はいつもベッド2台の客室を予約しています。

客室は重厚感なく落ち着いた感じで、個人的には好きなデザインです。

大きめのテーブルがあるので、家族みんなでおやつなどを食べるのにちょうど良かったです。

大人が横になれるサイズのソファがあるので、妻はいつもここでゴロゴロしていました(笑)

シャープな加湿清浄機が標準設置されています。

窓の向こうには多くのビルが建っていますが、今回宿泊した客室は21階の高層だったため解放感がありました。奥の方には横浜港も見えました。

55インチの大型TVが壁掛けされています。

ネスプレッソ、茶類、飲料水のサービスがあります。

飲料水は珍しくリユース可能なグラスボトルに入っています。

この専用グラスボトルを持ち帰ってしまうと2500円請求されますので、間違って持ち帰らないようにご注意ください。

冷蔵庫には有料のお酒やソフトドリンクが入っています。

こちらはクローゼットです。家族4人でも十分な広さです。

もう一つのクローゼットにはバスローブがかかっていました。

子供用のアメニティセット(スリッパ、タオル、歯ブラシ)も置いてありました。子連れには嬉しいサービスですね。

洗面台は広くて使いやすかったです。

バスルームには洗い場があります。洗い場がないホテルも多いですが、子供たちと一緒にお風呂に入ったり洗ったりするのには必須なので、これはありがたいです。

左からシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュです。

クラブラウンジ

続いて、22階にあるクラブラウンジをご紹介します。

入口の感じからさっそくテンションが上がります。

ラウンジ内はかなり広々としています。

クラブラウンジの営業時間は6:30~22:00と、朝から夜遅くまで利用することができ、時間帯によってサービスが異なります。

  • 朝食:7:00~9:30
  • デイスナックタイム:10:00~17:00
  • カクテルタイム:17:30~19:30
  • コーディアルタイム:19:30~20:30

コーディアルタイムはちょっと聞きなれない言葉ですが、デザートが提供される時間です(カクテルタイムにもあります)。

12歳未満は全時間帯利用不可

ウェスティン横浜のクラブラウンジは、子連れには大変残念な12歳未満は全時間帯利用不可です。。

カクテルタイム以降は子供利用不可というホテルはよくありますが、朝食やデイスナックタイムも利用できないてちょっと残念です。

2022年の開業当時は子供も利用できたようですが、その後ルールが変わり全時間帯利用不可になってしまいました。ラウンジ内を大声で走り回る子供がいたのか、子供嫌いな権力者がクレームをいれたのか知りませんが、残念ですね。

我が家には6歳と3歳の子供がいるので、妻と交代しながらラウンジを利用しました。

※写真はランドマークプラザでポケモンカードを見て回る子供たちです。

デイスナックタイム

デイスナックタイムはスナックとソフトドリンクをいただくことができます。

スタッフの方に聞いたところ、袋に入っているスナックや缶ドリンクは部屋に持ち帰ってもOKとのことでしたので、子供たちにいくつか持って帰りました。

カクテルタイム

クラブラウンジ利用者が一番楽しみにしているのがカクテルタイムだと思いますが、カクテルタイムのサービスはなかなか充実していました!

サラダ類の横には鴨肉やピクルス、オリーブなどもあります。

妻は写真奥の野菜スティック(右のソースをつけて)が一番美味しかったと言っていました。

パンもあります。

ホットミールもあり、写真手前は点心(しゅうまい、肉まん)です。

温野菜とお肉(たしか豚肉だったような)もあります。

デザートもあり、どれも美味しかったです。

もちろんアルコールのサービスもあるので、僕はシャンドンを2杯いただきました。

夕食代わりにもなるほどのサービス内容でした。

こちらはおかわりです。

最後にデザートもいただきました。写真右奥のマンゴーのヨーグルトケーキが特に美味しかったです。

ラウンジからの眺めは客室からの眺めとほぼ一緒でしたが、日没後の薄明かりの中、キレイな夜景が広がっていました。

朝食

朝食はクラブラウンジではなく、3階にあるレストラン「ブラッスリー・デュ・ケ」で子供たちと一緒にビュッフェをいただきました。

クラブラウンジの朝食も子供は利用不可のため、事前にホテルに問い合わせたところ代替サービスとして変更していただけました。「ブラッスリー・デュ・ケ」での朝食ビュッフェは別記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

「ブラッスリー・デュ・ケ」での朝食ビュッフェをいただいた後に、クラブラウンジにドリンクを飲みに行ったらまだ朝食が提供されていたので写真だけ撮りました。

メニューは「ブラッスリー・デュ・ケ」とほぼ同じでした。

ポテトと焼きそばです。

ジュースやフルーツもあります。

こちらはコーヒーマシンです。

アレルギー情報

3歳の息子がアレルギー持ち(小麦、卵)のため、外食する際には事前にアレルギー情報を調べたり問い合わせをしています。

今回も事前にホテルに問い合わせをしましたが、朝食メニューのアレルギー表の用意はないとのことでした。クラブラウンジやレストランでの朝食ビュッフェでは、料理の前に置かれているネームプレートにアレルギー情報が表示されているので、それを見て確認する形になります。

まとめ

ウェスティン横浜は開業してまだ1年のホテルですので、全ての設備が新しくキレイで快適に滞在することができました。

12歳未満は全時間帯利用不可のクラブラウンジは大人にとっては最高にサービスでしたし、子連れでも代替サービス(一部スナック・ドリンクの客室への持ち込み、朝食をレストランに変更)があるので、十分に利用する価値はありました。

また、ホテルから徒歩圏内にはランドマークプラザやマークイズ、アンパンマンミュージアムもあるので、子連れでも食事や遊びに困ることはありません(写真はアンパンマンミュージアムからの帰りです)。

みなとみらいエリアはライバルとなる高級ホテルがたくさんありますが、機会があればまた泊まりたいなと思えるホテルでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  4. 4

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  5. 5

    ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP