【宅麺レビュー】「横浜家系ラーメン 作田家 暴君RA-MEN」家系好き大満足の一杯!

グルメ

お店での味をそのままお家で味わえるラーメン通販サイト「宅麺.com」で、「作田家 暴君RA-MEN」を注文して実食しましたので、ご紹介します。

ザ・家系とも言える王道の家系ラーメンを味わうことができて、家系ラーメン大好きな私も大満足の一杯です。

宅麺.comについて



宅麺.comは、グルメイノベーション株式会社が運営しているラーメン通販サイトです。

全国の有名ラーメン店の店舗で出しているストレートスープ、生麺、具材を冷凍してお届けしてくれるサービスで、「お店と同じ味」を楽しむことができます。

宅麺.com|ラーメンとつけめんの通販サイト

作田家 暴君RA-MEN

【宅麺レビュー】「横浜家系ラーメン 作田家 暴君RA-MEN」家系好き大満足の一杯!

豚骨を極める為に15年・・・有名家系「六角家」で修行を重ね、骨を知りつくした”豚骨界の暴君”「作田 直章」が魅せる家系の真髄。その一杯は、スッキリとしながらも、抜群のコクと旨さを兼ね揃えた、ド直球な家系ラーメン。

宅麺 商品ページより

価格は1,100円(税抜)です。

“ド直球な家系ラーメン”と紹介されている言葉の通り、王道の家系ラーメンです。

ちなみに「作田家 暴君RA-MEN」は、宅麺で総合ランキング第3位家系ランキング第1位の大人気ラーメンです(2021年1月販売実績)。
※最新ランキングはこちら:総合ランキング|宅麺.com

商品の詳細・注文については、宅麺の商品ページにてご確認ください。

作田家 暴君RA-MEN|宅麺.com

商品内容

入っているものは以下になります。

  • 麺(150g)
  • スープ(中にネギが入っています)
  • チャーシュー(2枚)
  • ほうれん草
  • ノリ(3枚)

「作田家 暴君RA-MEN」で特徴なのは、麺やスープ、チャーシューはもちろんのこと、ほうれん草とノリまで付いていることです。

宅麺のラーメンでも、麺、スープ、チャーシュー以外は付いていないものもあるため、その場合はトッピングを別で購入する必要がありますが、「作田家 暴君RA-MEN」は入っているものだけで家系ラーメンが完成します。

調理

調理は簡単で、以下の3ステップで完成です。

  • スープと具材を同じ鍋で温める(スープ15分、具3〜5分)
  • ラーメンを茹でる(3〜5分)
  • どんぶりにスープを入れて、湯切りしたラーメンと具材を入れる

ちなみに、美味しく食べるためのポイントとして書かれているのが、どんぶりにスープを入れる前に熱湯を入れておくことです。

この一手間をかけることによって、どんぶりが温まり、熱々のスープでラーメンをいただくことができます。

実食

完成です!それでは、いただきます!

見た目はもうお店で食べる家系ラーメンです。入っているものだけでこの完成度とは驚きです。

スープの香りから、目をつぶればお店の中にいるような気分になります。

麺は太麺でコシが強くて噛みごたえがあります。

麺150gは少なめな感じもしますが、しっかりお腹いっぱいになります。

厚めのチャーシューが2枚入っていますが、口の中でとろけるタイプのチャーシューではなく、歯応えのあるチャーシューです。もちろん美味しいです。

スープは家系独特の濃厚な醤油豚骨です。中毒性があるため、必ず飲み干してしまいます。

私は家系ラーメンを食べるときは白米もセットで食べるのですが、スープに浸したノリを白米と一緒に食べるのがこれまた絶品です。レンゲに入れた白米をスープに浸して食べるのもおすすめです。

店舗

店舗は、JR総武線「小岩駅」から3分のところにあります。

まだ店舗にはお伺いしたことがないため、機会があればぜひ行ってみたいと思っています。


まとめ

以上、「作田家 暴君RA-MEN」のご紹介でした。

ラーメンとしては王道の家系ですので、ラーメン自体には感動しませんが、自宅でお店と同レベルの家系ラーメンが食べれることに大感動です。

私は0歳と3歳の子供がいるのですが、家系のラーメン屋って小汚くて狭くて、子連れで行くのはなかなかハードルが高いのですが、宅麺であれば自宅で周囲を気にすることなく子供たちとワイワイ食べることができます

週末のお昼は、自宅で家族で宅麺なんていかがでしょうか?きっと楽しい時間を過ごせると思います。

KEN

KEN

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。4歳娘、1歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KEN

KEN

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。4歳娘、1歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    コスパ最高!ハイアットリージェンシー横浜(ハーバーキッチン)ランチビュッフェ

  2. 2

    子供大喜び!「おうちではま寿司手巻きセット」を注文してみました【ホームパーティにおすすめ】

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    横浜ベイコート倶楽部 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  5. 5

    普段使いに最適!マンハッタンポーテージのカメラバッグ(Manhattan Portage Gracie Camera Bag MP1545)

最近の記事

  1. 大画面化でさらに読みやすく!Kindle Paperwhite(第11世代)購入レビュー

  2. 驚くほど手ブレしないカメラ! DJI Pocket 2 レビュー【動き回る子どもの動画撮影におすすめ】

  3. 継続が大事!月間5,000PVを達成して思うこと【収益も公開】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. まんぷく大満足!グランドプリンスホテル新高輪(ザクロ)ランチビュッフェ【Newスタイル】

  6. Vlog機の完成!アクセサリーシューがないコンデジに外部マイクを取り付けるパーツ【ulanzi PT-3 シューマウント レビュー】

TOP