国内バイキング発祥の地!帝国ホテル – インペリアルバイキング サール【休日ランチビュッフェ】

旅行・ホテル

先日、家族のお祝い事で帝国ホテルのサールで休日ランチビュッフェをいただいてきました。

コロナ影響によりタブレットを使用したオーダーバイキング形式に変わりましたが、美味しい料理と質の高いサービスは変わらず、洗礼された空間の中で子どもから大人まで楽しむことができました。

インペリアルバイキング サール

インペリアルバイキング サールは帝国ホテル内にあるレストランです。

場所は地下鉄「日比谷駅」A13出口から徒歩3分です。日比谷駅以外にも、内幸町駅、銀座駅、有楽町駅、新橋駅から徒歩圏内です。詳細はホテル公式サイトにてご確認ください。

アクセス|帝国ホテル

こちらがレストラン入り口でホテル2Fにあります。ホテル公式サイトでは以下のように紹介されており、サールは国内バイキング発祥の地です。

インペリアルバイキング サールは、日本で初めて「好きなものを好きなだけ味わう」“バイキング”という食のスタイルを生みだした帝国ホテルのブフェレストランです。

休日ランチビュッフェ

それでは休日ランチビュッフェの様子をお届けします。

店内に入ってまず目に止まったのはフロア中央に設置された大きなキッチンです。調理スタッフの前に美味しそうな料理が並べられていたのですが、オーダーバイキングのため自分で取ることはできません(ちょっと残念…)。

料理は各テーブルに設置されたタブレットから注文します。どの料理も注文してから2-3分程度で来ました。

メニューは定期的に変わるので、最新情報は公式サイトにてご確認ください。
※アレルギー表はスタッフの方にお願いすれば紙で頂くことができます。

メニュー|インペリアルバイキング サール

こちらはオーダーせずとも最初に提供されるオードブルスタンドとパンです(2名分)。

前菜は6種類あり、3種がセットになった盛り合わせもあります。こちらは「冷製料理の3種盛り合わせA」です。

こちらはもう一種類のこちらは「冷製料理の3種盛り合わせB」です。

続いて温かい料理ですが、こちらも盛り合わせが2種あったのでそれぞれ注文しました。こちらは「温かい料理の3種盛り合わせA」です。

こちらは「温かい料理の3種盛り合わせB」です。

温かい料理は他にもあり、こちらはローストビーフです。とても美味しかったのですが、すでにお腹がいっぱいになり始めていたので1回しかオーダーしませんでした(もっとオーダーすれば良かったと後悔…)。

こちらは「野菜たっぷり伝統カレー」です。これまた具沢山で美味しかったです。ただちょっと辛かったので小さいお子様は食べれないと思います。

お腹がパンパンになったところでデザートタイムです。デザートだけはタブレットからの注文ではなくディスプレイされているところまで行ってスタッフに注文する形式です。

この色鮮やかなアイスたちに妻と子どものテンションは爆上がりです!

フルーツやケーキ類も置いてありました。

「IMPERIAL HOTEL」のロゴ入りチョコが乗ったショートケーキはインスタ映え抜群です。もちろん味も抜群です!

アイスはジェラートで食後のお口直しにぴったりでした。

料金

とても美味しくて満足いく休日ランチビュッフェをいただきましたが、そのお値段はなんと大人 11,000円 / お子様 (4歳~12歳) 6,600円です(税込サ別)。

それなりに良いホテルの休日ランチビュッフェ2回分くらいのお値段ですので、あまり気軽には行けないですね。

まとめ

国内バイキング発祥の地で、いつもよりちょっとリッチな気分のランチビュッフェをいただくことができるインペリアルバイキング サール。料理の質はもちろん、スタッフの方々の対応も素晴らしかったです。

今回、家族のお祝い事で利用しましたが、まさにそのようなイベント時にぴったりのレストランですので、特別な日のレストラン候補にしてみてはいかがでしょうか。

\ Check Now! /
一休.comレストランでプランを調べる

 

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    オンオフ使えるバックパックの完成形!Aer Day Pack 2 レビュー【これ一つでOK】

  2. 2

    レゴランドホテル – 子連れ宿泊記(2022年5月)

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    ホテルインディゴ箱根強羅 – 子連れ宿泊記(2022年2月)

  5. 5

    ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 – 子連れ宿泊記(2021年12月)

最近の記事

  1. ザ・リッツ・カールトン日光 – 子連れ宿泊記(2022年8月)

  2. ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  3. 買う前に借りる!「GOOPASS」でカメラとレンズを借りてみた【カメラのサブスク】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. ほぼ日手帳 2023 weeks購入!オーロラ当番/英語版【ほぼ日歴6年】

  6. フェアフィールド・バイ・マリオットが隣接する道の駅「うつのみや ろまんちっく村」

TOP