新様式のランチビュッフェを楽しむ!ホテル雅叙園東京カナデテラス(KANADE TERRACE)

旅行・ホテル

先日、妻と2人でホテル雅叙園東京のカナデテラス(KANADE TERRACE)でランチビュッフェをいただいてきました。

トングを使用せずに予め小分けされた料理を取るニューノーマルスタイルのランチブッフェは安心・安全です。肝心の料理の種類は多くないものの、一品一品とても美味しかったです。

ホテル雅叙園東京について

ホテル雅叙園東京の歴史は古く、1931年に庶民が気軽に入れる料亭として「目黒雅叙園」が誕生しました。その後、2017年に客室が設けられて「ホテル雅叙園東京」に名称変更しています。ホテルのコンセプトは「日本美のミュージアムホテル(A MUSEUM HOTEL of JAPAN BEAUTY)」です。

ホテルへのアクセスは目黒駅から徒歩3分です。JR目黒駅、JR品川駅から無料のホテルバスが運行していますので、品川駅の方がアクセスしやすい方は品川駅からホテルバスを利用するのもおすすめです(品川駅→ホテルはバスで約15分)。

詳細はホテルの公式サイトでご確認ください。
アクセス|ホテル雅叙園東京

さっそくホテルの中に入りますが、ホテルのコンセプトの通り、ホテル内には様々な美術・工芸品が飾られています。

目黒雅叙園の「招きの大門」をくぐってレストランに向かいます。

門をくぐると、天井が高く開放感あふれる空間が広がります。

そんな開放感あふれる空間の向かいに今回ランチビュッフェをいただく「KANADE TERRACE」があります。

カナデテラス(KANADE TERRACE)

「New American Grill KANADE TERRACE」は、その名の通りアメリカン料理を提供していて、ランチ、ティータイム、ディナー、バーと様々なシーンで利用できる使い勝手の良いレストランです。

最近ではテイクアウトも行なっており、ホテルメイドの料理がおうちでも楽しめます。詳細はレストランのHPでご確認ください。
New American Grill KANADE TERRACE|ホテル雅叙園東京

店内の様子です。この日は平日でしたが、夏休み期間ということもあり店内はとても賑わっていました。

コロナ対策

コロナ対策は、ビュッフェ台から料理を取る際は右上のアルコールで除菌した後に、左下のビニール手袋をして料理を取るスタイルです(手袋は片手でOK)。

ランチビュッフェ内容

withコロナ時代のニューノーマルスタイルのランチビュッフェで、予め小皿に取り分けされた料理を取っていきます。料理は主に、コールドミール、ホットミール、グリル、デザートの4つに分かれています(パンとコーヒー・紅茶は料金に含まれていておかわり自由です)。

なお、最新のメニューはホテル公式サイトでご確認ください。
最新のメニューを確認する

冷菜は氷の上に小皿が乗っていました。バーニャカウダーが冷たくて美味しかったです。

こちらはシーザーサラダです。

氷の上に乗っていない冷菜もあります。

グリルコーナーです。このコーナーだけ他と違って、料理の前でスタッフの方にオーダーを伝えて後ほど席まで持ってきてもらいます。

こちらはデザートコーナーです。

小皿に一つずつ盛り付けされています。

氷の上に乗っているデザートは見ているだけで涼しさが伝わってきます。

お盆に置いた料理(その1)。ビュッフェ台の写真を撮り忘れてしまいましたが、ホットミールとして写真右上の方に写っているパスタ、魚介のトマト煮、ミートボールなどがありました。

お盆に置いた料理(その2)。写真後方のビーフカレーが甘めで美味しかったです。

オーダーして席まで持ってきてもらったローストビーフとスペアリブです。どちらも妻と「これは美味しいね!」と言い合いながら食べました。とくにローストビーフは柔らかくてとても美味しかったです。

こちらは2回目にオーダーしたローストビーフと鶏モモグリルです。鶏肉も柔らかくて美味しかったです。

ピザも何種類かあったのですが(時間帯によって変わる)、チーズはたっぷりで生地はカリッとしていて思っていた以上に美味しかったです。

食後に取ってきたデザートです。個人的には写真右上のマンゴー杏仁がものすごく好きな味で、何度もおかわりしてしまいました。

フレンチトーストはシロップをたっぷりかけて美味しくいただきました。

アレルギー表記あり

補足情報になりますが、ビュッフェの料理には全てアレルギー表記がされていました。1歳の息子がアレルギー持ちのため、アレルギー表記はとても助かります(今回は子供達を連れて行っていませんが)。

例えば、フレンチトーストには小麦、卵、乳の表記がされていました。

ランチビュッフェ料金

  平日 土日祝
大人 ¥3,740 ¥4,180
シニア(65歳以上) ¥3,410 ¥3,850
小学生 ¥2,420 ¥2,860
幼児(4歳以上) ¥1,870 ¥2,200

雅叙園クラスの高級ホテルのランチビュッフェとしてはかなりリーズナブルな価格設定ではないでしょうか。料理の数はそこまで多くありませんでしたが、一品一品のクオリティは高くてコスパは良いです。

上記表の料金は2021年8月現在の情報ですので、最新情報はホテル公式サイトでご確認ください。
最新のメニュー・料金を確認する

まとめ

  • ビュッフェ自体はスタンダードな内容だがコスパは良い
  • 子供向けのメニューが少ないので、子連れにはイマイチかも
  • 一品一品にアレルギー表記があるのは親切で助かる

ミュージアムホテルである雅叙園で食べるビュッフェという点に価値があると思いました。子供向けメニューが少ないのがマイナスポイントですが、雅叙園に小さな子供を連れて行こうとはあまり思わないと思うので、気にする点ではないかもしれません。

なお、コロナ対策として今回のビュッフェのように予め小皿に盛られた料理を取るスタイルに変わっているお店が増えていますが、私個人的にはビュッフェの楽しさが半減するのであまり好きではないのが正直なところです。

なお、ホテル内のレストランでは夏季限定で「浴衣プラン」なるものがあり、浴衣を借りて食事を楽しむことができるので、夏を感じたい!浴衣を着て写真を撮りたい!といった方におすすめです。

\ Check it ! /
ホテル公式サイト

 

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    オンオフ使えるバックパックの完成形!Aer Day Pack 2 レビュー【これ一つでOK】

  2. 2

    レゴランドホテル – 子連れ宿泊記(2022年5月)

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    ホテルインディゴ箱根強羅 – 子連れ宿泊記(2022年2月)

  5. 5

    ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 – 子連れ宿泊記(2021年12月)

最近の記事

  1. ザ・リッツ・カールトン日光 – 子連れ宿泊記(2022年8月)

  2. ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  3. 買う前に借りる!「GOOPASS」でカメラとレンズを借りてみた【カメラのサブスク】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. ほぼ日手帳 2023 weeks購入!オーロラ当番/英語版【ほぼ日歴6年】

  6. フェアフィールド・バイ・マリオットが隣接する道の駅「うつのみや ろまんちっく村」

TOP