冷菜が美味しい!ハイアットリージェンシー東京(カフェ)ランチビュッフェ

旅行・ホテル

先日、ハイアットリージェンシー東京にあるレストラン「カフェ(CAFFE)」で平日プレミアムランチビュッフェをいただいてきましたのでご紹介します。

今回は妻と息子(0歳)と3人で行ってきました(長女は保育園)。

10年ほど前からたまに利用しているレストランですが、コロナ禍でメニュー内容はけっこう変わってしまいましたが一品一品はとても美味しかったです(特にオードブルビュッフェの冷菜)。

カフェ(CAFFE)

冷菜が美味しい!ハイアットリージェンシー東京(カフェ)平日プレミアムランチビュッフェ

カフェ(CAFFE)はハイアットリージェンシー東京にあるイタリアンテイストのオールデイダイニングレストランです。

ハイアットリージェンシー東京は、日本初のハイアットブランドとして1980年に開業したホテルで、開業当時は「センチュリーハイアット」という名称でした。

現在のハイアットリージェンシー東京に名称変更したのは2007年です。

コロナ対策

コロナ対策として、レストラン入り口とビュッフェ台にアルコールが設置されています。

ビュッフェ料理は全てあらかじめ小皿に取り分けられていて、トングおよびビニール袋は無く素手で取るスタイルです。

平日プレミアムランチビュッフェ

今回私たちは、平日プレミアムランチビュッフェ(税込み4,000円)をいただきました。

メニュー内容は以下の通りです。

  • オードブルブッフェ
  • フォワグラのソテー ベリーソース
  • カキフライ、パスタ、カレー、魚介料理、肉料理、または ローストビーフ+¥500から1品
  • ドルチェ盛り合わせ
  • コーヒーまたは紅茶

その他メニューやレストランの最新情報はホテル公式サイトでご確認ください。
オールデイダイニング「カフェ」|ハイアットリージェンシー東京

オードブルブッフェ

冷菜とスープはビュッフェ形式です。

このようにあらかじめ小皿に取り分けられたものを取るスタイルです。

サラダも取り分けられていました。

全種類取ってきました。一品一品がどれも美味しく、全て2つずつ食べてしまいました。

サラダには生ハムをトッピングしてみました。

スープはコーンスープでした。

パンはスタッフの方が持ってきてくれました。おかわり自由です。

フォワグラのソテー ベリーソース

しばらくするとフォアグラのソテーが運ばれてきました。

フォアグラはとても濃厚で、ベリーソースとの相性もバッチリでした。

メイン

メインは、カキフライ、パスタ、カレー、魚介料理、肉料理、または ローストビーフ(+¥500)から1 品選ぶことができます。

私と妻は共に肉料理(豚)を注文しました。柔らかくてとても美味しかったです。

ドルチェ盛り合わせ

ドルチェ盛り合わせはイチゴのムース、バナナケーキ、チョコの3種でした。

食後のデザートとしてはちょうど良い量ですね。個人的にはイチゴのムースが一番美味しかったです。

ドリンク

ドリンクはコーヒーか紅茶を選ぶことができます。

私はドルチェ盛り合わせが来るタイミングでホットコーヒーを注文しました。

授乳室

ハイアットリージェンシー東京には授乳室はないようなのですが、代わりに多目的ルームを案内していただきました。

場所はカフェのすぐ隣にあります。

おむつ替えの台もしっかり完備してありました。

こういったサービスはホテルならではですよね。快適に過ごすことができました。

レストラン利用で3倍のポイント獲得オファー(6/15まで)

ワールドオブハイアット(World of Hyatt)では、ハイアットでのレストラン利用で通常の3倍のポイントを獲得できるオファーを2021年6月15日まで開催中です。

お近くのハイアットでのお食事で 3倍のポイントを獲得|ワールド オブ ハイアット

通常は1ドルあたり5ポイント貯まりますので、3倍だと15ポイントになります。

仮にレストランで100ドル支払ったとすると、通常獲得できるポイントが500ポイントなのに対してオファー中であれば3倍の1,500ポイントも貯まります。

今回私たちは大人2人料金で6,612円(税抜)=63.19ドルでしたので、通常獲得ポイント316に加えてボーナスポイント632を獲得することができました。

まとめ

  • 冷菜がどれも美味しくてハズレなし!
  • コロナ禍でメニューが大きく変わった
  • ハイアットリージェンシー横浜のランチビュッフェと比べるとコスパはイマイチ

オードブルビュッフェの冷菜がどれも美味しくて満足度は高かったです。

ただ、コロナ禍でメニューが大きく変わってしまい、コロナ以前もメインは選択式でしたがビュッフェの種類はもっと多かった気がします。

それとどうしても比較してしまうのが、同系列・同グレードのホテルであるハイアットリージェンシー横浜のハーバーキッチンのランチビュッフェです。

コスパ最高!ハイアットリージェンシー横浜(ハーバーキッチン)ランチビュッフェ」でご紹介しましたが、ハーバーキッチンのランチビュッフェの方が圧倒的にコスパ良く満足度が高いです。

ハーバーキッチンのランチビュッフェは、カフェとほぼ同じ料金でフルビュッフェです。ソフトドリンク込み、メイン料理に匹敵する料理とデザート類もビュッフェ形式で取り放題です。

次はどちらに行きたいかと問われれば、私は間違いなくハーバーキッチンと答えます。

ただ、ハイアットリージェンシー東京は昔から利用していて思い出深いホテルでもあるので、これからも頑張って欲しいですし、これからも利用するつもりです。

以上、ハイアットリージェンシー東京にあるカフェ(CAFFE)の平日プレミアムランチビュッフェのご紹介でした。

最後までのお読みいただきありがとうございました。
 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  3. 3

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

  4. 4

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  5. 5

    ウェスティンホテル横浜 – 子連れ宿泊記(2023年8月)【前編:クラブルーム・ラウンジ】

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP