超楽しかった!子連れ家族にレゴランドをおすすめする5つのポイント

旅行・ホテル

ゴールデンウィークに家族4人(私、妻、娘4歳、息子1歳)で2泊3日でレゴランド・ジャパンに旅行してきました。「いましか、家族でできないこと」をブランドメッセージに掲げているだけあり、子連れ家族にとって最高のテーマパークでした。

開業当初のあまりよくない評判が頭に過っていたのですが、個人的には某有名テーマパークより満足度が高かったです。

レゴランドについて

レゴランド・ジャパン(以下、レゴランド)は2017年4月に開業した愛知県名古屋市にあるテーマパークです。今年で開業5周年を迎えた新しいテーマパークです。

「いましか、家族でできないこと」をブランドメッセージに掲げていて、子連れ家族層がメインターゲットです。

レゴランド・ジャパン公式サイト

子連れ家族にレゴランドをおすすめする5つのポイント

世界で8番目にオープンしたレゴランド・ジャパンですが、開業当初はあまりよくない評判をよく耳にしていました。

レゴが大好きな私たち家族も今回遊びに行くのが初めてだったので、行く前は「本当に楽しいのかな?」と半信半疑だったのですが、2日3日で遊んだ結果、もう超楽しかったです!子連れ家族には最高のテーマパークだと感じました。

以降では、私が感じた子連れ家族にレゴランドをおすすめする5つのポイントについて紹介します。

2017年オープンで施設がキレイ

オープンしてまだ5年なので、施設はどこも新しくてキレイでした。衛生面、安全面で安心できるので子を持つ親としては重要なポイントです。

パーク内の街並みもキレイで快適に過ごすことができました。

ベビールームやファミリートイレが充実

ベビールームやファミリートイレ(=多目的トイレ)が多いのも子連れ家族に嬉しいポイントです。

ベビールームはパーク内に1箇所ですが、ファミリートイレは至る所にありますので、子どものトイレで困ることはありませんでした。

こちらはベビールーム内ですが、とても広々しているので家族でゆっくりとくつろぐことができました。

親子で楽しめるアトラクションが充実

子どもがメインターゲットなパークだけあって、子どもが楽しめるアトラクションがたくさんあります。

上の写真は3歳から乗れる「ジュニア・ドライビング・スクール」です。4歳の娘はというと、全然運転できていませんでした(笑)

大きなデュプロブロックで作られた遊び場「デュプロ・プレイ」は年齢制限がなくて小さなお子様でも遊ぶことができます。

もちろん本格的なアトラクションもありますので、子どもはもちろん大人も楽しむことができます。

「ファラオ・リベンジ」というプレイエリアがありましたが、子どもってこういうの好きなんですよね。ここだけで30分くらい遊んでいました。

出題されたお題に対してレゴを作る体験型の遊びもありました(例えば「数字の5を作れ」みたいな)。レゴが大好きな娘は真剣に作っていました。

パーク内の至る所にレゴでできたオブジェやミニフィグがあり、子どもたちはその度に触ったりして遊んでいました。

某テーマパークより断然空いてる

これが子連れ家族におすすめな一番なポイントかもしれませんが、某有名テーマパークに比べて全然空いてました。

今回はゴールデンウィークの後半に行ったのですが、ほぼ全てのアトラクションが5〜10分待ちでした。ゴールデンウィークは前半の方が混んでたみたいですが、でもゴールデンウィークにこれだけ空いてることにビックリしました。

子連れでアトラクションに乗るのに30分、60分待つのって苦痛でしかないのですが、5分程度ならストレスフリーで全然余裕でした!

レゴランドオリジナルグッズがたくさん

レゴランドにはレゴランドオリジナルのグッズがたくさんあります。レゴランドに行こうかどうか検討されているのであれば、ある程度レゴに興味があると思いますので、これは嬉しいのではないでしょうか。

僕は上の写真のミニフィグを買ってボディの裏に子どもたちの名前を入れてもらいましたが、良い思い出になりました。

レゴランドのアトラクションを作れるパッケージもありましたので、ぜひいろいろとチェックしてみてください。

レゴランドホテルに泊まれば楽しさ倍増

今回はレゴランドに隣接しているレゴランドホテルに2泊しましたが、朝起きてから夜寝るまでレゴ漬けの時間を過ごすことができました。

客室には2段ベッド付きの子ども部屋があり、子どもたちは大興奮でした。レゴランドホテルについては以下の記事に詳しい宿泊記を書いていますので、ぜひご覧ください。

最後に

「いましか、家族でできないこと」

レゴランドはこのブランドメッセージにふさわしいテーマパークだと感じました。ディズニーランド/シーやUSJは大人同士でも楽しむことができますが、レゴランドは小さな子どもがいてこそ楽しめるテーマパークだと感じました。

子どもたちと一緒にアトラクションで遊んで、レゴを作って、レゴランドホテルに泊まってと最高の思い出を作ることができました。

この体験は子どもたちが小さい今しかできないことなので、子どもたちが大きくなる前に家族でもう何度か行きたいと思っています。

レゴランド・ジャパン公式サイト

 

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

KENSEI

KENSEI

旅行・ホテル好き30代前半ITエンジニア。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。5歳娘、2歳息子の父親。第二子誕生時に育休取得。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員、IHGプラチナアンバサダー会員。

ランキング

  1. 1

    オンオフ使えるバックパックの完成形!Aer Day Pack 2 レビュー【これ一つでOK】

  2. 2

    レゴランドホテル – 子連れ宿泊記(2022年5月)

  3. 3

    ハイアットリージェンシー箱根 – 子連れ宿泊記(2021年3月)

  4. 4

    ホテルインディゴ箱根強羅 – 子連れ宿泊記(2022年2月)

  5. 5

    ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 – 子連れ宿泊記(2021年12月)

最近の記事

  1. ザ・リッツ・カールトン日光 – 子連れ宿泊記(2022年8月)

  2. ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  3. 買う前に借りる!「GOOPASS」でカメラとレンズを借りてみた【カメラのサブスク】

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. ほぼ日手帳 2023 weeks購入!オーロラ当番/英語版【ほぼ日歴6年】

  6. フェアフィールド・バイ・マリオットが隣接する道の駅「うつのみや ろまんちっく村」

TOP