【保冷保温OK】ハイドロフラスク×マリオットのコラボボトル【オンライン購入可】

旅行・ホテル

定期的にホテルグッズが欲しくなってしまう私ですが、先日東京マリオットホテルのオンラインショップでHydro Flaskとコラボしたマリオットのロゴ入りボトルを購入したのでご紹介します。

ホテルのロゴ入りのおしゃれなボトルを外に持ち歩いて、秋の行楽シーズンを楽しみたいと思います。

ハイドロフラスクについて

ハイドロフラスク(Hydro Flask)はアメリカ発のボトルブランドで、アメリカ国内では爆発的な人気を誇っているようです。

発売されている全てのボトル製品に温度を保つための二重壁真空断熱技術(TempShield™)が採用されていて、熱い飲み物も冷たい飲み物も長時間保温することが可能です。
ブランドストーリー|Hydro Flask

マリオット コラボボトル

ボトル自体は、ハイドロフラスクの「16 oz Wide Mouth」です。

カラーバリエーションが多いのが特徴で、東京マリオットホテルの公式オンラインショップでも7色展開で販売されています。今回私はシンプルなホワイトにしました。

外観・機能

【保冷保温OK】ハイドロフラスク × マリオットのコラボボトル【オンライン購入可】

ボトルの反対側にはマリオットのロゴが大きくプリントされています。おしゃれなボトルにマリオットのロゴが加わることで、上品さも感じられるようになります。

ロゴのアップです。ちなみにこのボトルは食洗機非対応のため洗う際はご注意ください。

上部に手持ちベルトが付いているので、手で持ったりどこかに引っ掛けたりすることができます。

持ち手の部分には「Hydro Flask」の文字が書かれています。

飲み口はキャップ上部を回転させることで開閉することができるFlex Sip仕様です。赤色が閉まっている印です。

回転させて飲み口を開くと、赤色の印が消えます。

本体は食器などにも使われている耐久性・耐錆性に優れた18/8ステンレスが使用されています。

さらに、飲み物の温度を保つため二重壁真空断熱技術(TempShield™)が採用されていて、ハイドロフラスクの製品ページによると保冷24時間、保温6時間が可能と書かれています。表面が結露することもありません。

仕様

品名:MARRIOTT Hydro Flask フレックスシップ
容量:473ml
口径:58mm
寸法:幅×高さ:74mm×201mm
重量:258g
価格:5,280(税込)
リンク:製品ページはこちら

オンラインでの購入方法

今回私は東京マリオットの公式オンラインショップで購入しました。オンラインショップでは様々なマリオットグッズが販売されているので、気になる方はアクセスしてみてください。

なお、5000円以上(税込)の注文で送料無料になるのですが(通常は500円)、ハイドロフラスクのボトルは5,280円なのでこれ単品だけで送料無料対象になります。

東京マリオットホテル 公式オンラインショップ

最後に

秋の行楽シーズンに外出先での使用はもちろん、オフィスや自宅でも活躍する万能アイテムです。

いつでもどこでもホテル気分を味わうことができるハイドロフラスク×マリオットのコラボボトルで、美味しいドリンクライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Ken

Ken

旅行・ホテル好きな30代ITエンジニア。Marriott Bonvoy AMEX保有。海外留学、シリコンバレー駐在、転職経験あり。6歳娘、3歳息子の父親。第二子誕生時に2ヶ月間の育休取得。

IHG ホテルズ & リゾート

ランキング

  1. 1

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【前編:客室・貸切露天風呂】

  2. 2

    エクシブ箱根離宮 – 子連れ宿泊記(2023年4月)【後編:レストラン・食事】

  3. 3

    ポケットが多くて機能的!Aer Day Sling 3 レビュー【旅行のサブバッグにもおすすめ】

  4. 4

    普段使いから出張まで対応の万能3WAY!グレゴリー カバートエクステンデッドミッション【収納例付きレビュー】

  5. 5

    ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ – 子連れ宿泊記(2023年9月)

最近の記事

  1. 第2世代で素材と機能性が向上!BRIEFING TR-3 S MW GENII【レビュー】

  2. 娘が土屋鞄のランドセルで小学生デビュー【2024入学 アトリエシリーズ】

  3. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【Grill & Dining G編】(2024年1月)

  4. PR

    シンプルで美しいデザインと充実した広告機能を持つWordPressテーマ「muum」

    Design Plus Inc.

  5. 伊豆マリオットホテル修善寺 – 子連れ宿泊記【本編】(2024年1月)

  6. 【2023年版】子連れハワイ旅行 – 滞在中に行ったレストラン一覧【全部おすすめ!】

TOP